Home > スポンサー広告 > 低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

lisho URL 2008-02-16 (土) 23:00

本当に美味しそうに見えてきます(笑)
味まで想像出来ちゃって、濃厚なミルクの味がしました~(^_^;)

>毎日セッセッ!と作っている保湿剤の製造過程
皆さんで商品開発をされるんですね~。
スゴイです。
ちょっと、楽しみになってきました♪

トーク URL 2008-02-17 (日) 02:09

がらさんこんばんわ!

スキンケア商品・・・
僕には難しいな・・・って思ってしまいます。

もともと興味がないからなのか、感性が鈍いのか美味しそうに見えない・・・(^^;)
ごめんなさいm(_ _)m

そういう感覚は養わないといけないですね。
世の中で一番怖い事は分からない事ですから(^^;)

happy URL 2008-02-17 (日) 11:20

がら様
ご質問についてのお答え(答えになってないかもしれませんが)を
http://a888a.blog17.fc2.com/blog-entry-189.html
のコメント欄に掲載しましたが、こちらにも転記しておきますので、参考にしてみてください。
内容が冗長になったことを、お許しください。

===以下転記===

ご質問頂き有り難うございます。
今回の記事については、あまりにも漠然とした書き方になり、ご迷惑をお掛けしました。
それぞれのケース(事例)により考え方もやり方も違うので、今回のような書き方になったことをご理解ください。
ご質問の「具体的な内容」についてもう一歩踏み込んで下記に記載しておきますので参考にしてみてください。
・ビジネスの概略設計図
方向性の決定、ポジショニング、コアコンピタンス等の決定から始めアクションモデル、業務モデル等を策定すれば良いと思います。
早い話が、ビジネスプラン(事業計画書)を一歩進めて計画ではなく設計にまで落とし込んだものです。
皆さん当初のプランは作られていますが、プランで終わりになっており、実際に実行できる設計図になってないので、設計図に具体的に落とし込んでみてください。
書籍については、業界雑誌の直近2年以内のものを読み込むのが一番早いです。(業界を知れば自社について客観的に見ることも出来ます)
※各々の項目(マネジメント・マーケティング等)を個別に勉強するのが一番良いのですが、相当時間が掛かります。
その他の項目についても同様に、計画ではなく、実行できる(実行したら効果が出る)ものにまで落とし込む用にしてください。
<例>
広告を打つという計画を、広告を効果的に打つためのサンプリング広告をいつ打つ、データはこういう風に蓄積する、レスポンス率を何%にするためには・・・と言うように具体的に実行できる設計図にして見てください。

masami URL 2008-02-17 (日) 13:27

こんにちは。

保湿クリームですか?
商品を作っているっしゃるのですか~。
スゴ~イ!
お忙しいですね・・がらさん。

お体に気をつけて頑張って下さいね。



きゃふ URL 2008-02-17 (日) 14:27

本当に美味しそうに見えます。
これが、保湿剤といわれなければ、舐めちゃうかも。。。

愛情というスパイスの効いた保湿剤。
一日も早く商品化されますように願っています!
頑張ってください☆

がら URL 2008-02-17 (日) 17:17

lishoさん、こんにちは♪

濃厚ミルクな保湿剤! 売れますかねぇ~。

売り出しちゃおうかな?
オリジナルを販売するにあたり、何かアクセントが
欲しいんですよね♪

パッケージやバリエーション・・・
lishoさんも苦労されたかと思いますが
今から、一つずつ検討していきます。

がら URL 2008-02-17 (日) 17:23

トークさん、こんにちは。

貴重なご意見ありがとうございます。

私は普段、興味がない方でも
何かのきっかけで、少しでも見てやろうじゃないか。
と言う風に感じてもらえる商売がしたいのです。

現段階で、トークさんに興味を持ってもらえないと
いう事は、まだまだ、その程度の商品なんだと
思います。

ですので、まだまだ改良していきます。

これからも手厳しいご意見よろしくお願いします。

ちなみに、私はMではありませんが、
商品開発では受身姿勢であります♪

がら URL 2008-02-17 (日) 17:28

happy さん、こんにちは♪

すみません。私が勉強不足なあまりに・・・

happyさんが、言わんとしている事が
理解できるよう経営学もこれから学んでいきます。

知らない事を一つでも知ることは、とても楽しいです。

がら URL 2008-02-17 (日) 17:32

masami さん、お疲れ様です。

これは、クリームではなくて軟膏タイプなんですよ。
細かい?(笑)

が、しかしそこが意外にポイントで
軟膏のバリア機能を維持しながらクリームのような
質感なんですね♪

物づくり最高! 地球に生まれて良かった!

がら URL 2008-02-17 (日) 17:36

きゃふさん、こんにちは♪

舐めて、保湿効果が調整できる保湿剤・・・

行けるかも!?

ペット用では確か、肉球を磨けて舐めても安心な
クリームとか販売されてましたよね。

ペット業界にも進出? 狙っちゃう?

無理ですかね。。。。

頑張りまーす!

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://anzceo.blog4.fc2.com/tb.php/12-acd0c906
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from WORKers[ワーカーズ]-60億万分の1の生き方

Home > スポンサー広告 > 低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ]

Home > 未分類 > 低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ]

低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ]


今日は、毎日セッセッ!と作っている保湿剤の製造過程をUPします。

これは、医療用ですので当然ながら無添加・無着色・防腐剤なし。
かなり材料の成分純度も高いものになっています。
が、しかし・・・・その分、保存方法はとてもデリケートなもの。
ビクビクしながら慎重に毎日、扱っています。

スキンケア製品を作る材料は基本的に10~15℃以下の保管で(冷蔵庫がお薦め)製剤終了後の製品の小分けをした時には、50gの包装でないと成分が分離してしまうのです。
たくさんの文献から検証し実験して築き上げてきたレシピを改めて見てみると・・・
同じ人の体でも部位によって皮膚の厚さの違いや季節的な肌の発汗作用、ホルモンバランス、ストレスによる皮膚のトラブル、色々な面が関係してきて結果的にレシピも、ものすごく細かくなってしまいました。

※下の画像は、首から下の”体”全体に使用する為の調合ですが、
  体の部位によって、更に細かくレシピは分かれています。

例えば、頭皮、まぶた、眉、クチビル、鼻、鼻下、耳、あご、首・・・
特にお顔は体の中で一番敏感な部分なので
とても、配合が細かく、作るのもかなり時間をかけて注意して作っています。
次に、下に行きまして背中、指、指つめ、腕、ひじ、膝、かかと、足指などなど
部分、部分で皮膚の厚さが違うので、これがまた作るのが大変で大変で・・・
”愛情”と言うスパイスも忘れていませんよ♪

それでは、低刺激保湿剤の簡単なレシピをご紹介します。
高純度なワセリンと親水軟膏を同量ずつはかり、まずは簡単に混ぜ合わせます。
次にもんじゃ焼きのように真ん中に穴を掘ってオリブ油を配合していきます。
基本的に3つの製品とも体のバリア機能を高めるものなので、かなりの低刺激製品となります。
季節によっては、配合量も変化させて、あまり塗ったあと重くならないように調整していきます。

私の目指すスキンケア製品とは、”低刺激”なお肌に優しい製品たち。
セラミドがどうだとか、保湿性成分○○配合とか、色々ありますけど基本的には個々の体で作られている保湿機能を維持できるようにバリア機能を高めることをテーマとしています。

試作品:保湿A-1 試作品:保湿A-2 試作品:保湿A-3 試作品:保湿A-4
試作品:保湿A-5 試作品:保湿A-6 試作品:保湿A-7 試作品:保湿A-8

いかがでしょうか出来上がりが下の画像です♪

美味しそうに見えてますか?

スキンケア製品とて、私の感覚では料理と一緒。
美味しく見えるかどうかが、作った商品の評価の一つとなります。
スタッフ達から、今日も「美味しいのが出来ました~!チェックお願いします。」
と、元気な声が、職場に響いていることを幸せに思います。

目指せ、”スキンケア・マイスター!”

試作品:保湿A-9

あとはこれを、商品化するまでに、どんな”魔法”を加えていくか・・・今から、とても楽しみです。

スポンサーサイト

Comments:10

lisho URL 2008-02-16 (土) 23:00

本当に美味しそうに見えてきます(笑)
味まで想像出来ちゃって、濃厚なミルクの味がしました~(^_^;)

>毎日セッセッ!と作っている保湿剤の製造過程
皆さんで商品開発をされるんですね~。
スゴイです。
ちょっと、楽しみになってきました♪

トーク URL 2008-02-17 (日) 02:09

がらさんこんばんわ!

スキンケア商品・・・
僕には難しいな・・・って思ってしまいます。

もともと興味がないからなのか、感性が鈍いのか美味しそうに見えない・・・(^^;)
ごめんなさいm(_ _)m

そういう感覚は養わないといけないですね。
世の中で一番怖い事は分からない事ですから(^^;)

happy URL 2008-02-17 (日) 11:20

がら様
ご質問についてのお答え(答えになってないかもしれませんが)を
http://a888a.blog17.fc2.com/blog-entry-189.html
のコメント欄に掲載しましたが、こちらにも転記しておきますので、参考にしてみてください。
内容が冗長になったことを、お許しください。

===以下転記===

ご質問頂き有り難うございます。
今回の記事については、あまりにも漠然とした書き方になり、ご迷惑をお掛けしました。
それぞれのケース(事例)により考え方もやり方も違うので、今回のような書き方になったことをご理解ください。
ご質問の「具体的な内容」についてもう一歩踏み込んで下記に記載しておきますので参考にしてみてください。
・ビジネスの概略設計図
方向性の決定、ポジショニング、コアコンピタンス等の決定から始めアクションモデル、業務モデル等を策定すれば良いと思います。
早い話が、ビジネスプラン(事業計画書)を一歩進めて計画ではなく設計にまで落とし込んだものです。
皆さん当初のプランは作られていますが、プランで終わりになっており、実際に実行できる設計図になってないので、設計図に具体的に落とし込んでみてください。
書籍については、業界雑誌の直近2年以内のものを読み込むのが一番早いです。(業界を知れば自社について客観的に見ることも出来ます)
※各々の項目(マネジメント・マーケティング等)を個別に勉強するのが一番良いのですが、相当時間が掛かります。
その他の項目についても同様に、計画ではなく、実行できる(実行したら効果が出る)ものにまで落とし込む用にしてください。
<例>
広告を打つという計画を、広告を効果的に打つためのサンプリング広告をいつ打つ、データはこういう風に蓄積する、レスポンス率を何%にするためには・・・と言うように具体的に実行できる設計図にして見てください。

masami URL 2008-02-17 (日) 13:27

こんにちは。

保湿クリームですか?
商品を作っているっしゃるのですか~。
スゴ~イ!
お忙しいですね・・がらさん。

お体に気をつけて頑張って下さいね。



きゃふ URL 2008-02-17 (日) 14:27

本当に美味しそうに見えます。
これが、保湿剤といわれなければ、舐めちゃうかも。。。

愛情というスパイスの効いた保湿剤。
一日も早く商品化されますように願っています!
頑張ってください☆

がら URL 2008-02-17 (日) 17:17

lishoさん、こんにちは♪

濃厚ミルクな保湿剤! 売れますかねぇ~。

売り出しちゃおうかな?
オリジナルを販売するにあたり、何かアクセントが
欲しいんですよね♪

パッケージやバリエーション・・・
lishoさんも苦労されたかと思いますが
今から、一つずつ検討していきます。

がら URL 2008-02-17 (日) 17:23

トークさん、こんにちは。

貴重なご意見ありがとうございます。

私は普段、興味がない方でも
何かのきっかけで、少しでも見てやろうじゃないか。
と言う風に感じてもらえる商売がしたいのです。

現段階で、トークさんに興味を持ってもらえないと
いう事は、まだまだ、その程度の商品なんだと
思います。

ですので、まだまだ改良していきます。

これからも手厳しいご意見よろしくお願いします。

ちなみに、私はMではありませんが、
商品開発では受身姿勢であります♪

がら URL 2008-02-17 (日) 17:28

happy さん、こんにちは♪

すみません。私が勉強不足なあまりに・・・

happyさんが、言わんとしている事が
理解できるよう経営学もこれから学んでいきます。

知らない事を一つでも知ることは、とても楽しいです。

がら URL 2008-02-17 (日) 17:32

masami さん、お疲れ様です。

これは、クリームではなくて軟膏タイプなんですよ。
細かい?(笑)

が、しかしそこが意外にポイントで
軟膏のバリア機能を維持しながらクリームのような
質感なんですね♪

物づくり最高! 地球に生まれて良かった!

がら URL 2008-02-17 (日) 17:36

きゃふさん、こんにちは♪

舐めて、保湿効果が調整できる保湿剤・・・

行けるかも!?

ペット用では確か、肉球を磨けて舐めても安心な
クリームとか販売されてましたよね。

ペット業界にも進出? 狙っちゃう?

無理ですかね。。。。

頑張りまーす!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://anzceo.blog4.fc2.com/tb.php/12-acd0c906
Listed below are links to weblogs that reference
低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ] from WORKers[ワーカーズ]-60億万分の1の生き方

Home > 未分類 > 低刺激スキンケア製品(保湿剤) [商品開発の現場からレポ]

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。